難易度★8.0 EXTREME 「右肩の蝶」






この曲をFINE0したなんて私の実力では意外と思われるはず。
もうね、間奏後の譜面(判定)がホントにつらくてつらくて・・・。
プレイした御方なら分かってくれるはず。 これズレてません?



少しのズレなら仕方がないと思っています。
でもこの曲、私にとってはノーツの針がすっごく見えにくい譜面なんです。
その2つが組み合わさっているから余計につらい。



「ここの譜面はちょっと早めに押す」とか
「ここはリズム通り押すのではなくグッと堪えてから押す」など
バラツキがひどくて「まるで覚えゲーだなぁ」っと思った。



この曲もね、達成率関係で何かが切れた状態でのプレイ。
それもあって「右肩の蝶」を選びました。
PS4版理論値を出せる実力を持ってないんだから達成率は気にするな。
まさにこんな気持ち。




おかげさまでFINE0出来たのですが、どうもHOLD関係がよろしくなくて。
FINE0出来た時に限ってスコアとっても低いんですよね。
HOLDが安定しないのは間奏後の針が見えにくいのが原因と思っています。
あとFINE1個分は伸ばせそうだけど、FINE0きついです。




これでもFINE0を3回したんだよ(;´・ω・) 
初めの2回はハイスコアではなかったからホントに悲しくてさ・・・。
せめてハイスコアでFINE0したいからちょっとばかり粘りました。
それでも数十点くらいの更新で、しかもギリギリ105.57%と危ないライン。
間奏後のHOLDが上手く噛み合えば105.58%は行けそう。 でもFINE0できただけで十分。




ランキングのスコアを見る限り、PS4版理論値は105.60%っぽい。
それでもFINE0したんだから別にいいんだよ!
某曲がAC理論値に届かなかったため、いろいろと吹っ切れてるな。
2019.07.20 Sat l 初音ミク Project DIVA Future Tone l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月上旬にプレイしましたと言って、まったく記事にしていないロックマンX。
一応、やっているのはやっています。
ただね、DIVAのモチベがちょっぴり上がっている状況かなぁと。



状況を報告するとX~X4までクリアし、おかげさまでトロコンできました。
今はXチャレンジとやらに手を出しているといったところです。
しかもノーマルとハードを一緒に進めているという謎な進行具合。



ハードは鬼門と言われているステージ2はクリアしている。





ステージ1のクリア人数は400人ちょいなのに
ステージ2のクリア人数は100人ちょいとステージ2で振り落とされる方が多い。
よってステージ2をクリアするのは狭き門といったように思えます。



武器は上に画像にある通り。
ジェルシェイバーとカメレオンスティングは2-3で使います。
この2つの武器があれば2-3はそこそこ余裕が生まれる。



攻撃方法とか書こうとしたけど先駆者さんが何人もいるし
上手な御方ばかりなので、ここではそういうことを書かなくていいかなぁと。
それに私はロックマン初心者といった新規勢だし。




先ほども言ったように今はDIVAのモチベが上がってサボりぎみ。
ステージ3に向けて3-3だけはちょっとばかり練習しています。





半分程度ライフが残せるならクリアできるでしょうが
もうちょい撃破率を上げたいなぁと思っています。
おそらく何回かやっていればクリアはできる気はする。
でも少しは気持ちやプレイに余裕が欲しいと。
メンタル弱いからギリギリで突破よりもゆとりとやらが欲しいんだよ。
2019.07.18 Thu l その他のゲームなど l コメント (0) トラックバック (0) l top
激唱(赤)を初パフェ達成してから今日で1年が経ちました。
ちなみに初パフェのリザルトはこちら。





ただ、単純に1年が経過しただけなら記事にしないのですが
ブログで言うとタイムリミットをプレイした直後になります。



もうちょいDIVAをしたいなぁと思い、軽い気持ちで激唱(赤)を練習しまして。
その練習中に私の実力ではありえないくらいの奇跡が起きました。






この動画に載せた区間、すべてCOOLで押せたのです。
譜面を見て分かるようにDS4では十字キーの誤爆なんかもあるんですよ。
この速度ですから誤爆は付き物。
私の場合、十字キーの中では左が一番、誤爆しやすいように感じます。



これが本番でも出来ればいいんですけどね。
指がスムーズに動く時もあれば指が固まってしまうこともある。
その波が激しいので安定して押せる譜面ではありません。




私はBPMが速くて指が追いつかないって譜面はすぐできるものじゃないと思っている。
こういうのはコツコツと長く続けていれば自然と追いつくようになるかなって。
だから安定して動かせるようになるまで長い期間、じっくりとDIVAを続けるしかないですね。



今は身体が高難易度を求めておらず、ちまちまとプレイしたいようです。
はたして今後、激唱(赤)を詰めるときがくるのでしょうか・・・。
2019.07.16 Tue l 動画投稿とか l コメント (0) トラックバック (0) l top
難易度★8.0 EXTREME 「Ievan Polkka」






実はね・・・この曲に挑む前、某曲をFINE0したんですよ。
私の中では結構、頑張ったんだけど達成率がAC版理論値から-0.01%でした。
プレイ中に「AC版理論値に届かないどころか-0.01%か-0.02%を覚悟したのがいい」
と思っていたほどHOLDが稼げない状況。



早遅できないだけでなく個人的にはHOLDの回収や切り替えがちょっときつくて。
それらがあまりにも下手すぎて大きなロスとなっている。



達成率を伸ばすにも再度、FINE0できるか分からないし
できたとしても、きっと結果は変わらないでしょうね。
記録を伸ばすには運指を変える必要があると思う。
ただ、それをやるテクニックを身に付けないとダメだし。
この曲は完全に忘れられた頃にでも公開しようかなぁと考え中です・・・。




なぜ、冒頭からこんなことを言ったかと言いますと。
ほとんどの曲はAC版よりPS4版のが達成率を伸ばしやすいんですよ。
でも達成率がAC理論値に届かなかったことにより
私の体の中で何かが切れました。  決定的な何かが・・・。



それがきっかけで「理論値とか気にしとる場合かーッ!」ってなりまして。
PS4版だろうとほとんどの人がAC版理論値に届いてない曲。
「Ievan Polkka」のFINE0を目指そうと思いました。 うん、前置き長いよ。




理論値を気にしなくなったことにより「Ievan Polkka」は無事、FINE0できた。
相変わらずAC版理論値から-0.02%という結果。
でも気にしちゃアカン。 交互押し苦手な私がFINE0しただけ上出来。
切り替えが多いとあって達成率を伸ばすのがホントきつい。
そう考えるとこの曲はシングルマクロ設定がオススメなのか!?




あと私が思うに一部の曲はミニコンでプレイしたのが相性良さそう。
ちなみに先ほど言った某曲もそっちの部類に入っているかもしれない。
これはミニコンでもしっかり精度が出せる過程での話しです。
悲しいことに私はミニコンだと精度がダメダメ(ノД`)・゜・。
こんなこと言ってる時点で私が未熟だと断言してるよね。



んとね、「Ievan Polkka」は同じボタンの弱連打、長連打がメインの譜面。
DS4だと左右交互押しでのプレイになりますよね。
私はどうも後半にある□の長連打は精度が悪いようです。



ズレているかどうかすら、さっぱり分からない状況で
とりあえず□の長連打でFINEが出るところがここって決まっていたため
そこのタイミングだけはしっかり修正して挑んだら何とか繋がりました。



しっかし、切り替えがスムーズにしにくい譜面とあってきつい。
私の場合、ロスるときは軽く100点以上も失うから難しいよ。
前にも言ったけど理論値ってのは超人さんが詰めて出した記録なんだ。
だから私は「Ievan Polkka」をFINE0できただけで満足しています。
2019.07.13 Sat l 初音ミク Project DIVA Future Tone l コメント (0) トラックバック (0) l top
2週間前は「ブログ放置するならDIVAのことを書く」みたいなことを言ってたのに。
それから2週間経過しても一切、書いてない人がここにいるようです。



まぁ、DIVAもちょっぴりやることはやっているんです。 許してやってください。
そもそもDIVA目当てで来る訪問者さんがいるのか分かっていません。
それすら知らないで「DIVA FT プレイ日記 その424」まで書いているんですからね。
目的は自分用のメモとして残しているって感じでしょうか。



話しは前回のミラクルペイントから。



難易度★8.0 EXTREME 「タイムリミット」






ミラクルペイント終わった後、やたら「タイムリミット」が聴きたくなったんですよ。
相変わらず、久しぶりにプレイする曲。
1日にプレイする曲数が少ないからきっと200曲以上は久しぶりになるんじゃないか。



初パフェの時は長連打やあの例の難所がまったく出来なかったのがなつかしい。
例の難所の2連打は「右右」や「左左」と片手連打だった記憶がある。
あの頃は交互押しの速さを調整する能力がなかったし、指が動かないんだよ。




今は16分の交互押しなら怪しいものの押せるようにはなりましたが
12分やw-upなしの状態で片手連打ではちょっときつい速めの高速譜面。
こういうのは交互押しだとリズム良くキープするのはきつい。
これらが安定するようになればいろんな運指が出来て頼れるんですけどね。
だからいっつも頼りになる右手のみで押してしまうことが多い。



個人的なメモとしては。
私が感じたものであるところの譜面がズレている気がしたので
あそこの譜面だけはちょっと早めに入っておく。


長連打は入りの針をよく見て長連打中もしっかり針を見て
リズムをキープしてCOOLを保つ。
例の難所も同じ。 結局、目でタイミングを合わせろ。






今回もスコアタの方をちょっぴりプレイ。





確か4抜けすべてやらかしたと思います。
いつものように数日の粘着はしてないためこのスコアなら私は満足。



プレイしててこれくらいの難易度が楽しく押せるなって思う。
こいつ、いつもそれ言ってるよな。
余裕があるところはPV見ながら押せるので本当に楽しめているんですよ。
FT発売から3年経過しようと今でも楽しくプレイできているのはありがたい。
2019.07.09 Tue l 初音ミク Project DIVA Future Tone l コメント (0) トラックバック (0) l top
遅くなりましたが、6月に入手した数を報告します。



06月の収穫
ラベンダー155個 サフラン145個




ラベンダー

01~10日 52個
11~20日 59個
21~30日 44個
合計155個


サフラン

01~10日 55個
11~20日 46個
21~30日 44個
合計145個



ちょっとばかり物足りないけど月150個前後なら許容範囲。
おそらく7月~10月くらいまでは入手数が激減するかと。
それを考えると6月はもう少し入手してほしかったのが本音です。




記事にするのが遅くなったのには夢中になっていたものがあったからです。
えっとですね・・・。 6月29日の土曜日に
「ロックマンX アニバーサリーコレクション」を購入しました。



私はアクション系はちょい鬼畜と言われている某レトロゲームを
ノーコンティニューでクリアするくらいの経験、実績しかありません。



結構前からロックマンは興味あったんですよ。
相変わらずDIVAにハマっているし、買っても詰みゲーにしちゃうんじゃないかと。
でも最近、ゲームをする気力がないせいかDIVAのプレイ頻度は激減。
この状態ならロックマン買っちゃおうかなと思って、つい買っちゃいました。



ため打ちとかボタン連打等があるしDS4はDIVA専用コントローラーで使いたいから
セカンドコントローラーの役割としてHORIさんのワイヤードコントローラーも購入。
ロックマンX関係をプレイするときはDS4ではなくワイヤードコントローラーを使います。



もちろんロックマンシリーズは初プレイとなります。
それで現在のプレイ状況はこんな感じです。






ひとまずXとX2はクリアできました。
Xはラスボスが難しく、最初はサブタンク2つ所持の状態で挑みました。
しかし第二形態の与えてくるダメージが大きくて苦戦。
さすがに2つだけじゃきつかったのでサブタンクの場所だけ調べさせていただきました。




X2は普通に進め、もちろんゼロのパーツなんてものは回収してない。
ラスダンのゼロは問題なかったもののシグマ2連戦がきつかった。
某氏に「パーツ取らないでクリアとかさすがです」って言われましたが
単にパーツを見つけられずに進めた無能な人ですw



今はX3のボス8体を撃破した状態まで進めています。
今日中にはX3をクリアしたいなぁと。




続きましては初音ミクさん関係。
先日、発表があった『初音ミク Project DIVA MEGA39's』
Switch版で発売されるらしく101曲収録のようです。


スクショを見させていただきましたがノーツがSwich版仕様になってますね。
某氏が「Xを×と勘違いして押し間違える」みたいな発言してましたが、
AC版PS版をメインにプレイしている御方なら絶対というほどやらかすと思った。


101曲も収録されていれば十分だと思うんだよなぁ。
私の中ではFTと比べたらいけない気がする。
毎作、200曲以上収録されているものを定期的に販売となれば
お金はかかるってものじゃないし、企業潰れちゃうって。
もちろん出してくれる方がありがたいけど現実は厳しい。



今はちょっとばかりDIVAのプレイ頻度が落ちたものの
発売から3年経過した今でもFTは飽きないですからね。
生きているうちにFTはやりきったってくらいはプレイしたいな。
2019.07.03 Wed l PS3 テイルズ オブ ヴェスペリア l コメント (0) トラックバック (0) l top