難易度★10「デンパラダイム」 EXTREME





デンパラ・・・とうとうパフェりました( 'ω')g
こいつは本当にパフェへの道のりがまったく見えなかった曲なんです。
今まで赤譜面★10でネガポジ、二次ドリなんかはある程度、力が付いて
「難所さえ突破できればパフェ行けるかも・・・」
というものだったり、他には久しぶりにプレイしたら
できなかった譜面が押せるようになって「パフェ行ける」って流れで挑んできました。


しかし、デンパラだけは別。
ラストは2回くらいしか突破したことがないし
全体的に運指が決まってないため、これでパフェ狙うとか冗談だろって思える。
もうね、パフェを狙えるレベルじゃないよ、これ。
プレイしていきながら押せるようにしていくスタイル。
これは今までにないパターンでのパフェかと。



おかげさまで赤譜面★10はPで埋め尽くすことができました(☆`・ω・´)b






テイルズしかやらない人間がDIVAに手を出した結果、こうなるようです。
音ゲー歴2年5ヶ月、コツコツやるのは重要だと思い知る。



以下、個人的な押し方メモ


まず始めにキーコンフィグの設定。




今回は普段、設定しているキーコンフィグとは違う。
これについては後で説明します。


私は赤譜面★10の中でデンパラは一番触れてない曲。
さすがにね、そろそろ本格的に向き合おうと。
なんだかんだデンパラをパフェるまで6日間練習しました。


ちょっとその前に・・・。




私はこういう譜面はほとんど「右 右左右」と押しています。
確か練習開始して2日目くらいかな?
疲れのせいなのか、この押し方では急に押せなくなってしまいました。


デンパラにはこういう譜面が多いため、どうにかしないとマズイ。
よって押し方を9割「左 右左右」へと変更。
おかけで今までの運指を大幅に変えることに。



ただし「解き放て!ブッコワレルコーゾー&モーソー」のところにある
「× ×□×□×□× ×」の譜面だけは「右 右左右左右 右」じゃないと押せないらしい。




その後に来る譜面の運指は

「○×○×○ ○ ×□×□× × □ □ △ △ △(H)」
「右左右左右 左 右左右左右 右 左 左 右 右 右」



次の譜面

「□×□×□ □ □×□×□ □ ×  ×  ○  ○  ○」
「右左右左右 左 右左右左右 左  左  左  右  右  右」



「カンザスバーサスジーサスポリスの」の「×□×」4回は4回とも「右左右」で処理。



ちょっと話しがズレますが。

道中に8分で「○×□△□×○」や「△□×○×□△」という譜面ありますよね?
私は数日前までこういう譜面は交互で押すことができませんでした。
それじゃあ、今までそういう譜面はどうしていたかと言いますと・・・。


「○×□△□×○」は「右右右左右右右」とか。
「△□×○×□△」なら「左右右右右右左」だったり。
他には右手のみで乗り切るなどで突破してきました。



だからその後に待ち構えている「×○×□△□×」や「□△□×○×□」
もちろん、これも交互では押せない。


皆さんが思っているほど私は交互押しができない人間なんです。
でも6日間、デンパラを練習したとあって今では交互で押せるように。
まだ怪しいけどね。



さて本題に戻りまして。

次の譜面は「△-○ × □ △-○ □ × △-○ × □ △-○ □ ×」
「左(L1) 右 右 左(L1) 右 右 左(L1) 右 右 左(L1) 右 左」


最後だけ「左(L1) 右 左」とありますが、これは次に来る○3連打を
余裕を持って右手から入るために最後の×は左で押しました。


ここの譜面が初めて繋がった時は「△-○」を
十字キーの↑と→を左手の親指で押してました。
これだと十字キーが上手く押せてないってミスが目立つ。



今回、L1に「△-○」をセットしたことによりそういうミスはない。
それに左手の親指でコントローラを支えることができるおかげで
右手で単押しを処理する時、しっかりと右手に集中できるし、より動かしやすい。



こういう利点があってL1には普段、設定している「△-□」ではなく「△-○」に変更。


個人的にここを無事突破しても次に来る○3連打や×5連打が一番難しい。
おそらく、デンパラの譜面ではここの連打がズバ抜けて突破率が低い。


そして最後の「△ △□△ □ □△□ ○ ○×○ × ×○× □ □×□×□×□」
「左 右左右 左 右左右 左 右左右 左 右左右 左 右左右左右左右」



記事の最初の方に言いましたが、本来のスタイルなら「右 右左右」で処理なんですが
この運指が出来なくなったというの覚えてますよね。
もちろん、ここの運指も変えざるを得ない。
ラストは本来押せていた運指から出来ない運指を覚えて出来るようにする。


ここは0からのスタートとなり2日間、練習してなんとか押せるようなりました。
というか押せるようにさせたと言ったのが正しい。
でも譜面を見て押すと成功率がガクッと下がる。
ここは画面を見ないで手元を見て押すと成功率が超高い。


いやぁね、ここはプラクティスで10回中10回は出来るほど安定してて
ちゃんと(?)運指も覚えてられたなぁって思ったんですよ。
だけど、本番となれば「突破率が一番低いあの連打ゾーンを乗り切った」と思うと
無意識にしてるつもりでもプレッシャーに押し潰されラストでミスしまくる。


それに1ミスにも愛されてしまう。





愛が重すぎるぜ。
激唱(赤)はさ、プレッシャーが来る前に曲が終わるから
緊張してミスるってことは滅多になかった。 しかしデンパラは違う。
ここまでプレッシャーに押し潰されてパフェを逃したのは初めてだよ。


「△ △□△ □ □△□ ○ ○×○ × ×○× □ □×□×□×□」
パフェった時、ここだけでFINE20個くらい出ましたw
画面を見ないで手元を見て押してるから
入りがズレたら全部ズレるのは仕方がないかと。


本来なら再度、パフェを目指して・・・という流れなんですが。
すでに6日間も粘着したので再度パフェを狙うはいいです。
落ち着いた頃やある程度、力が付いた時にでも挑戦します。



赤譜面★10をPで埋め尽くせたのは素直に嬉しいです。
でも超人の方々に近づけていると思えないのはなぜだろう。
2018.09.12 Wed l 初音ミク Project DIVA Future Tone l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kentales.blog118.fc2.com/tb.php/2484-37ba215b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)